頭部の皮脂分泌過多はハゲになる!

皮脂は地肌を外部からの物理的、科学的刺激から守ってくれる大切な働きがあるが、皮脂が多すぎるとこれがまた良くない。皮脂の分泌が多すぎると、皮脂が毛穴をふさぎ、毛根が酸欠状態になる。それが原因で毛が細くなり直接脱毛の原因になってしまう。

また皮脂によってホコリや細菌の付着量がふえ、それが頭皮や毛根に悪影響を与えることもあり、更には酸化した皮脂は毛根細胞を弱らせ、脱毛を促進するのである。つまり頭部の皮脂分泌過多はハゲになる!ということになる。
スポンサーサイト



テーマ : 抜け毛・薄毛・若ハゲ・髪の毛の悩み
ジャンル : 心と身体

はげうたクラシック「小フーガ ハゲ短調」

昔から、はげの歌はいろいろあるが、クラシック調の「小フーガ ハゲ短調」というのがあるということで、画像と共に歌詞まであるということで驚いた。以下の通りである。
http://omosiro.web.infoseek.co.jp/uta/11.html

♪あなたは髪の毛がありますか?
  はげ はげ こんなのやだ
  髪の毛消え去ってゆく
  ハゲハゲハゲハゲハ~

ハゲには何とも切ないものであるが、個人的には大好きな本当の「小フーガ ト短調バッハ)」を聞いて気を取り直したいと思う。
http://www.youtube.com/watch?v=qnq0Hwye4Is

【お得情報】
薄毛AGAで本当にお悩みの方は「発毛増毛育毛 情報館
成毛研究情報サイト「発毛地帯

テーマ : 抜け毛・薄毛・若ハゲ・髪の毛の悩み
ジャンル : 心と身体

「マクロビオティック」って髪の毛にいいの?

最近、自然食ブームに乗って「マクロビオティック」という言葉を聞くことが多くなった。日本の自然食や伝統食をベースにした長寿法のことだそうである。アンチエイジングダイエットに関連して、身体の内側から改善していく健康法ということで、特に女性が関心のあることであろうと思う。

ところがである。この「マクロビオティック」が髪の毛にいいとなると、聞き捨てならなくなる。抜け毛予防にもなるらしい。この健康法を実践することで、細胞の老化を防ぐことが間接的には抜け毛予防につながり、発毛増毛育毛へとリンクするという論理である。

つまり、髪が細くなり、薄くなって、抜けるという原因のひとつには老化がある。老いて免疫力が低下すれば病気にかかりやすくなり、筋肉や関節、骨など身体のいろいろな部分が弱って、同様に髪の毛も加齢とともに、やせ細り、抜け落ちてしまうわけである。それらの細胞の老化を防ぐのが「マクロビオティック」である。さあ、これから実践あるのみ!

【お得情報】
薄毛AGAで本当にお悩みの方は「発毛増毛育毛 情報館
成毛研究情報サイト「発毛地帯

テーマ : 抜け毛・薄毛・若ハゲ・髪の毛の悩み
ジャンル : 心と身体

プロフィール

ヘアーゲイン!

Author:ヘアーゲイン!
発毛増毛実現ブログへようこそ!
今まで諦めかけていた「髪の毛」を復活させるべく奮闘中です。
ぜひご期待あれ!

月別アーカイブ
関連情報
カテゴリ
発毛増毛育毛プログラム